新宿発! 『東京法務』 代表木村のブログ

暮らし(遺言・相続、後見等)の法律相談から起業や店舗・法人運営(補助金、融資、申請・手続き等)のサポートまで・・・ 新宿区・大久保駅からすぐの『東京法務』から、皆様に役立つ情報を、私・代表木村がお届けします。 事務所移転及び改称を機に、「品川法務発! 木村のブログ村」から「新宿発!『東京法務』 代表木村のブログ」へとブログのタイトルが変更となりました。引き続きよろしくお願いいたします。

行政書士の仕事 その1

では、今回は、行政書士の仕事の中身を

もう少し具体的にみていきましょう


その前に・・・

前回、仕事の中身を①~⑦に整理分類しました。

(前回のブログをまだ見ていない方は見てくださいね^^)

ただ、⑤は、そのほかのものと比べると、

日常的でない側面もありますので、

ここでは割愛します


で、行政書士の業務①~④および⑥~⑦を再整理すると

以下のようになります

①´「官公署に提出する書類」の作成・提出手続代理・相談業務

②´「権利義務に関する書類」の作成・相談業務

③´「事実証明に関する書類」の作成・相談業務


分類とか整理とか・・・何度もすみません^^;

が、ここまでですので、ご安心を^^


今回は、この3つのうち、①´についてお話します


「官公署に提出する書類」の作成・提出手続代理・相談業務

について


行政書士は、官公署(例:各省庁、都道府県庁、

市・区役所、町・村役場、警察署など)に提出する

書類について、まず「相談」に応じ→

次に依頼を受けた書類を作成し→

そして、作成した書類を依頼者に代わって、

官公署に提出することを業務としています

(※他の法律において制限されているものについては、

業務を行うことはできません)


その書類のほとんどは

許認・認可(許認可)等に関するもの

その数は1万種とも言われます

残念ながら、正確な数字は出ていませんし

すべて押さえている行政書士はいないといえるでしょう

まあ、それだけ多いということです


例えば、許認可等業務には、

建設業許可、宅建業免許、測量業者登録

電気工事業者登録、自動車登録、

飲食店営業許可会社設立

医療法人・社会福祉法人設立認可、

入管関連などがあります


例えば、測量業者は、測量を仕事にしたいという人が

好きなときに勝手に開業して仕事をするわけには

いきません

法律に従って、測量業者として登録をしたうえで

仕事をして収入を得るのです


測量業者に限らず、この登録等をするにあたって、

多くの書類を作成し、官公署に提出するのですが、

これが結構ヘビーな作業で

多くの時間が奪われるのです


なんとかならないのか!こんなとき

行政書士がお手伝いいたします


















行政書士って何するの??

ちょっとだけ堅苦しい話から・・・


数多くある日本の法律の中に、「行政書士法」というものがあります。

おそらく初耳ですよね

その第1条の2というところに、

行政書士の仕事(「業務」)について

次のように書かれています。


「行政書士は、

他人の依頼を受け報酬を得て、

官公署に提出する書類その他権利義務又は事実証明

に関する書類を作成することを

業とする。」と。


つまり、整理すると、3種類の書類を作成する仕事

と書かれているのです。

①官公署提出書類作成業務

(「官公署」とは、各省庁、都道府県庁、

市・区役所、町・村役場、警察署等)
 
②権利義務関係書類作成業務

③事実証明関係書類作成業務


まずはここまで、大丈夫ですか・・・

ちょっと堅いと思われるでしょうが、

あと少し我慢してくださいね


次に、第1条の3というところにも、

行政書士の仕事(「業務」)について書かれています。


「行政書士が作成することができる

官公署に提出する書類を官公署に提出する手続・・・について

代理すること」

「許認可等に関して行われる聴聞又は弁明の機会の付与

の手続・・・において

当該官公署に対してする行為・・・について代理すること」

(えっ、まだ~

「行政書士が作成することができる

契約その他に関する書類を

代理人として作成すること」

(あと少しー

「行政書士が作成することができる

書類の作成について

相談に応ずること」と

法にはこのような長ったらしい内容が書かれているのです。

(お疲れ様です


ただ、整理すると、

④官公署書類提出手続代理・申請代理業務

⑤聴聞・弁明代理業務

⑥契約書等の代理人作成業務

⑦書類作成相談業務

となります。


「行政書士法」という法に沿って

行政書士の仕事を大きく7種類に分類整理してみました。


が、これって、抽象的すぎませんか

すぎますよね


ですので、次回は、具体例を挙げながら

仕事の中身を見ていきましょう



















行政書士って、何者???

9対91。

これって、何の数字だか分かります?


「行政書士」がなんの仕事をする人か

(正確に)知っていた人と知らなかった人の割合です。


これは、私が、100人の知人・友人

(※士業関係者・法学部出身者を除く。)

に対して地道に実施してきた

ヒアリング調査(有効回答率100%)の結果です


資格そのものや存在そのものは知っていても

その仕事内容まではほとんど知られていない

これが現実だと分かりました


でも、実は、それほど落ち込んではいません。

なぜなら、次の結果を見たからです。


14対86。

これって、なんの数字だか分かります?


同じ法律系の士業である

「司法書士」がなんの仕事をする人か

(正確に)知っていた人と知らなかった人の割合です。


これは、上記ヒアリング調査の対象者に対し

同時に行った調査結果です。


あっ、

「司法書士」の仕事内容も、

意外と知られていないいんだ・・・


ここから、

「行政書士」と「司法書士」の区別がついていない人が

圧倒的多数であることが推認されます。


この現状はマズいのか!?

よくはないが、わるくもないでしょ


だって、これからもっと知ってもらえるのだから。

でも、もっと知ってもらう努力なり、工夫なり

必要ですよね

と、前向きな反省からのスタートとなりましたこのブログ。


次回は、行政書士の中身について

少し見ていきましょう。


















livedoor 天気
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ