新宿発! 『東京法務』 代表木村のブログ

暮らし(遺言・相続、後見等)の法律相談から起業や店舗・法人運営(補助金、融資、申請・手続き等)のサポートまで・・・ 新宿区・大久保駅からすぐの『東京法務』から、皆様に役立つ情報を、私・代表木村がお届けします。 事務所移転及び改称を機に、「品川法務発! 木村のブログ村」から「新宿発!『東京法務』 代表木村のブログ」へとブログのタイトルが変更となりました。引き続きよろしくお願いいたします。

2013年09月

【最新情報】GRANROOF(グランルーフ)行ってきました

昨日、午後から大手町での予定があったので

早めに事務所を出て東京駅へ


目的は2つ


一つは

昨日・2013年9月20日(金・大安)開業となった

「GRANROOF(グランルーフ)」の視察


ここは

JR東京駅八重洲口を挟む南北のビルを

約230mのぺデストリアンデッキ(要は、歩行者通路)で結び

その上を白い大屋根で覆ったユニークな空間を有する商業施設です


簡単にご紹介しますと

2階に歩行者通路があり、そこにいくつかショップがあります

想像していたより通路幅はやや狭かったでしょうか

というより

狭く感じました


でも、「ドコモショップ」があったり

ベンチも複数配置されているので

これは仕方ないかもしれませんね


真冬でなければ

あるいは

横殴りの雨が降らなければ

少し天気が悪くても

一休みできる場所かと思います



施設自体は

地下1階・1階・中2階・2階・3階という構造です


ほとんどが飲食店といった感じです


面積が大きい商業施設ではありませんので

お店の数はそれほど多くはないのですが

地下1階は「肉ゾーン」と「魚ゾーン」から成り

食欲中枢を刺激しつつ

わかりやすくしようという意図が感じられます


午前11時頃だったにもかかわらず

ランチを求めるお客さんで行列・・・

私はあっさり断念しました


特に賑わっていたのは

「グランルーフ」開業に合わせてリニューアル・オープンした

「東京ラーメンストリート」


「六厘舎 TOKYO」など8店舗

時間帯や曜日にもよるとは思うのですが

時間には余裕をもって行きましょう!


一つ残念だったのは

中2階の場所がわかりにくかった点など

動線の設計


利便性・快適さ等を追求するうえでは

やはり重要かと思います


あと

公式サイトがなかった点も少し気になりますが

まあ、それは・・・


いずれにしても

東京駅利用者の選択の幅が広がった点はよかったと思います


以前にも書きましたが

都内の商業施設のオープンの日は

可能な限り出向き

その日だからこそ味わえる雰囲気


従業員さんやお客さんの

表情や動き、テンションなど

短時間ではありましたが

今回も肌で感じ取ることができました



そして

もう1つの目的


それは

ある方を見に・・・


平成25年度の日本行政書士会連合会イメージキャラクターの

女優・木村文乃さんを見るためです


オープニング・セレモニーの特別ゲストとしていらっしゃるという情報を

たまたま前日に入手していました


で、少し離れたところから見ることができました


そうそう

行政書士会からは

毎年、イメージキャラクターの大きなポスターが

会員である行政書士に送られてくるのです


私の事務所にも送られてきます

ネットオークションなどで高く売ったりなどしてません(笑)

当然持っています


といことで

なにかのご縁と思い

ナマの木村文乃さんを見にいったのでした

同じ「木村」ですしね



婚外子規定は「違憲」! ~最高裁大法廷初判断~ その6

婚外子の相続規定をめぐる

2013年(平成25年)9月4日の

最高裁の画期的な決定を受け

政府は

速やかに民法改正に動く方針


自民党内には法律婚に基づく

伝統的家族観を重視する立場から

民法改正に慎重な意見をもっている議員も

ある程度いることは容易に想像できますし

実際本音ということになれば

そこそこいるらしいです


とはいえ

与党と野党の圧倒的多数で

法改正が実現するでしょう


ということで

今現在はまだ法改正されていないのですが


最高裁判例には

事実上の法的拘束力があります(強力です


したがって

現時点で

未決着の事案

そして

今後・将来発生する事案には

婚外子の相続規定の改正を待たずして

上記最高裁の違憲判断が適用されることになるのです


よって

法律婚のもと生まれた子(嫡出子)と

法律婚に基づかずに生まれた子(非嫡出子=婚外子)の

相続分は同じ

つまり

相続の額は同じ

という扱いになります


ここは押さえておきましょう

婚外子規定は「違憲」! ~最高裁大法廷初判断~ その5

前々回の記事のつづきです


婚外子の(差別的)相続規定について

最高裁は

審理対象〔本件〕の相続事案が発生した2001年7月当時には

嫡出子〔婚内子〕と非嫡出子〔婚外子〕の相続分

区別する合理的根拠は失われており

既に違憲〔憲法違反〕になっていた

との判断をしました


となると

論理的には

2001年7月以降の

日本全国における同様の相続について考える場合にも

民法のあの差別的規定〔条文〕は違憲だったことになります


なるはず、ですよね


しか~し

最高裁は

異例の言及をしたのです


「(今回の)違憲判断は確定した遺産分割には

影響を及ぼさない」と


つまり

最高裁は

純粋論理に拘らず

現実社会を意識して

遺産分割のやり直しで

社会に混乱が広がるのを防いだのです


妥当ですよね


だって

2001年7月以降

差別を設けた民法の規定を前提に

多くの遺産分割が行われたり

分割協議、合意などで

確定的となった法律関係をひっくり返したら

どれだけの混乱が生じるのか

想像するのは難しくないでしょう


例えば

民法の条文どおり遺産分割が行われ

相続人が既に受け取った金銭を使ってしまっていることは

十分に考えられるでしょう


例えば

2003年に相続により金銭を受け取った人が

2013年までの10年の間

全く手をつけない人がどれだけいるでしょうか


また別の例で考えてみましょう

例えば

遺産分割が行われ

不動産(土地や建物)を処分していたら

どうでしょう


金銭の場合より

なんだかややこしいということは

容易に想像できるかと思います


もしも

婚外子が

遺産分割のやり直しを求めたら

嫡出子は突然生活が脅かされるおそれがありますよね


その時お金にたまたま余裕があるならともかく

嫡出子が日々の生活にも困る状況であったとしたら

どうでしょう・・・

そのような嫡出子から

いわばキャッシュバックさせるのは

あまりに酷というほかにないでしょう


このように

裁判所は

両者のバランスをとるのです


公平という観点です


あっ

誤解のないように


今回の最高裁大法廷の事案は

あくまでも

不平等で差別的な相続はアウト

ですので



日本全国での他の確定した過去のケース(有効!)とは

分けて考える必要があるのです


つづきは、また後日

「高齢者見守りサービス」 敬老の日キャンペーン  今だけ無料!!!

先着10名様限定、最初の1ヶ月分無料


明日は敬老の日ですね


ご実家には時々お帰りになっていますか?

親御さんのお宅に時々寄っていますか?


昨日から三連休という方もいらっしゃるかと思います



サービス業の方だと、1日だけあるいは休みなし

という方もいらっしゃることでしょう


また

お子さんの行事などで

休みをゆっくりとれない

よって

ご実家の親御さんの様子を見に

なかなか帰れない・・・


さらに

夏は熱中症、冬はヒートショックなど

ご高齢の方の日常生活には常に危険が潜んでいます

心配だけど

なかなか寄れない・・・


こんな悩みをお持ちでないでしょうか


時間に追われがちな現代生活の中で

お忙しい皆様に代わって

皆様のお手伝いをする行政書士に

お気軽に頼んでみませんか


サービス内容は、以下の通りです


月に1回、親御さん宅に伺い

1.「安否確認

2.「生活支援

3.「レポート送信

を行います


1.「安否確認」について
  
  大手セキュリティ会社等では、万が一のときの

  緊急通報に対応するかたちで駆けつけるサービス

  となっていることが殆どです

  これに対し

  当事務所では、月に1度、必ず、親御さん宅に伺い

  直接お顔を見ながら・会話をしながら

  安否の確認をします

  万が一のときには

  救急車の手配もします

  当事務所のホスピタリティ(おもてなしの精神)を反映した

  小回りのきいた、あたたかいサービスが

  最大の特徴であります


2.「生活支援」について

  ご高齢の親御さんの「今」と「これから」を

  しっかりサポート

  日常生活における暮らしの様々なお困りごとの相談相手として

  小回りがきく「総合窓口」としての当事務所の強みを活かし

  多角的・総合的にサポートします


3.「レポート送信」について

  親御さん宅の訪問後は

  お客様にメールにてご報告いたします

  どのような様子だったのか

  「今」何を望んでいるのか

  「これから」何を望むのか

  などなど

  親御さんの生のお声をあなたにお届けします

  さらに

  写真をメールに添付しますので

  安心感が違います


なお

本サービスは

警備・医療・介護サービスを提供するものではありませんので

予めご了承ください


以下、とても大事でお得なお知らせとなっておりますので

最後までお読みください



本日9月15日(日)・只今~21日(土)[20:00まで]7日間

先着10名様限定

高齢者見守りサービス」(6ヶ月以上~のご契約)を

お申し込みのお客様に

最初の1ヶ月(2013年10月)分を無料とさせていただきます


敬老の日キャンペーンを実施しております

お得なこの機会にぜひご利用ください


敬老の日のプレゼントとして


基本月額契約料金
6,300円(税込)


※ 初期費用は一切かかりません
   東京以外にも出張対応しております
   出張サービス料・諸経費等は別途請求いたします
   可能な範囲内で柔軟に対応いたしますので、
   その他のご希望等お気軽にご相談ください


お申し込み・お問い合わせは

行政書士木村国際法務事務所 TOKYO JAPAN

WEBサイト内 「お問い合わせフォーム」からどうぞ


〈手順1〉
当ブログ左側のプロフィール欄[kilotj]をクリック

〈手順2〉
行政書士木村国際法務事務所 TOKYO JAPAN]をクリック

〈手順3〉
WEBサイトトップページ右上の[お問い合わせ]をクリック

〈手順4〉
必要項目にご入力後、[送信]してください


ありがとうございました


婚外子規定は「違憲」! ~最高裁大法廷初判断~ その4

最高裁大法廷の決定が出る数ヶ月前から

婚外子規定関連の記事を書くことが多くなりました


予想されてはいたものの

画期的な決定であり

(民法は、そうは簡単に改正されない法ですが)

これにより

民法改正の方向へと動き始めていること

そして

仮に

決着済みの過去の相続

影響を及ぼすとしたら

社会に混乱が広がるおそれがある

事柄であることから

法律に関わっている者(行政書士としての立場

法務博士としての立場)として

大注目の判断でした


したがって

今後も

この内容を扱う記事を書くことが

まだまだあるかもしれませんので

その点ご了承ください


今回は

過去の相続への影響について

少し解説します

(ここが読者の方々の最大の関心事かもしれませんので)


上でも触れましたが

仮に

決着済みの過去の相続

影響を及ぼすとしたら

社会に混乱が広がるおそれがあるでしょう


私は過去の記事の中で

このような混乱が生じないよう

最高裁大法廷は

決定を出す際には

なんらかの措置を講じるだろう

という趣旨の文を書きました


やはりその通りになりまして

最高裁大法廷は

異例ともいえる言及をしたのです


少し長くなりそうなので

つづきはまた後日・・・

livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ