新宿発! 『東京法務』 代表木村のブログ

暮らし(遺言・相続、後見等)の法律相談から起業や店舗・法人運営(補助金、融資、申請・手続き等)のサポートまで・・・ 新宿区・大久保駅からすぐの『東京法務』から、皆様に役立つ情報を、私・代表木村がお届けします。 事務所移転及び改称を機に、「品川法務発! 木村のブログ村」から「新宿発!『東京法務』 代表木村のブログ」へとブログのタイトルが変更となりました。引き続きよろしくお願いいたします。

2019年05月

【速報】特定技能「外食業」試験 合格率75.4%


外国人ビザ申請取得代行・外国人雇用の相談窓口は行政書士事務所 東京法務

 外国人労働者の受け入れ拡大に向けて2019年(平成31年)4月に新設された在留資格「特定技能」。その特定技能の対象業種の内、飲食店で正社員等として就労するビザ取得の要件となる、「外食業」技能試験の合格発表が本日・5月21日にありました。特定技能の対象全14業種で技能試験の合格発表は初めてとなります。

外食業の試験は、4月25~26日に、東京と大阪であり、計460人が受験し、347人が合格しました。合格率は75.4%となります。ちなみに、合格者の男女比は男性66.6%、女性33.4%でした。合格者は飲食店でアルバイト(資格外活動)をする留学生が多かったのではないでしょうか。

技能試験の合格者には加えて日本語の能力試験の合格も要件とされており、入管へ「特定技能ビザ」の申請をして許可されると、就労時間の制約の無い就労ビザをもって飲食店で働くことができるようになります。ただし、まだ学校を卒業していない留学生は、卒業を待たなければ「特定技能1号ビザ」で働くことはできませんのでご注意下さい。

次回の「外食業」技能試験は、全国7ヵ所(札幌市、仙台市、東京都、名古屋市、岡山市、大阪市、福岡市)で、6月24日・27日・28日に実施されることが決まっています。なお、次回の試験はすべて平日の実施となりますので、特に授業のある留学生はスケジューリングにご注意下さい。


特定技能ビザの外国人材を雇用したい飲食店の方はお気軽に・お早めにご相談ください。
[電話]03-6908-9816
東京都新宿区・大久保駅からすぐの
行政書士事務所 東京法務


「持続化補助金」申請サポート受付開始


小規模事業者持続化補助金(平成30年度第2次補正)、略称「小規模補助金」・「持続化補助金」の概略に関して、募集(公募)開始当日、弊所・「行政書士事務所 東京法務」のHP[新着情報]にてお知らせ致しました。クリックした上でご確認下さい。

もちろん、弊所においては、既に同補助金の申請サポート〔書類作成代行〕の受付を開始しております(お問い合わせフォーム)。リピーターの事業者様は募集開始前から先行予約を受け付け、ご紹介や初めての事業者様は募集開始翌日からお問い合わせ・お申込みが続いている状況です。

前出[新着情報]にも記載されていますが、2019年今春の「小規模補助金」・「持続化補助金」は6月12日までが募集期間となっています。今年は大型連休がありますので、ややタイトなスケジュール感となっています。ご注意ください。

上記のような状況・日程となっていますので、「東京法務」では、小規模事業者持続化補助金申請サポート〔代行〕の申し込み受付締切を5月31日(金)とさせて頂きます。少し早めの締切となりますが、ご理解の程お願い申し上げます。その分と言ったらなんですが、審査官のツボに効く計画書・キラリと光る申請書類で、ライバル会社や隣の社長に差をつけましょう!力を合わせて、補助金満額50万円を目指しましょう!

初めてのチャレンジをご検討中の方・チャレンジに躊躇されている方へ。
このGW期間中に、是非、『自分たちの会社は、どのような創意工夫ある補助事業にチャレンジするのか〔すべきか〕』について、自問自答を繰り返し、イメージを徐々に固めていって下さい。
その後は、私たちが、力強くサポート致します。お気軽にお問い合わせ下さい。

補助金申請サポート〔代行〕
東京都新宿区
行政書士事務所 東京法務
03-6908-9816
までお問い合わせ・ご相談ください。

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ