ベネッセの顧客情報漏洩事件で、7月17日、業務委託先に派遣されていたシステムエンジニアの男が不正競争防止法違反(営業秘密の複製)の容疑で逮捕されました。

容疑者の説明によると、なんと、延べ1億件ものデータを持ち出したとのこと。 重複分があるにしても、当初想像していたものとは桁が違い、皆さんも驚かれているのではないでしょうか。

逮捕容疑そのものは、 ベネッセが顧客データベースの保守管理を委託していたグループ企業の事業所内で、計1019万件の顧客情報を2回にわたり業務用パソコンにダウンロードしたうえ、これを私物のスマートフォンに転送して持ち出した疑いです。

容疑者は、ベネッセのデータベースにアクセスする業務上の権限を与えられており、このアクセス権を利用して膨大な顧客情報(データ)を不正にコピーしていたようです。

◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ 

中小企業のリスクコンサルティングのことでの
お問い合わせ・ご相談・お申込みは、東京都・五反田

行政書士木村国際法務事務所 TOKYO JAPAN

電話> 03-5793-5937 担当:木村まで または
お問い合わせ等フォーム> からお気軽にどうぞ。

必要に応じて専門家との連携を図りながらサポートいたします。

◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇