本日・11月11日は、私の大好物であります「チーズの日」です。 

その他にも、「○○○○の日」など複数あるようですが、その中でもやはり、今日特に多くの問題を抱えており、そして、将来日本における大問題となりうる「介護」に着目し、「介護の日」について取り上げたいと思います。

少し硬いお話になりますが、行政書士という立場上、行政と国民の橋渡しという役割を果たしている関係で、「介護の日」の由来についてご説明します。

厚生労働省によると、介護について理解と認識を深め、介護従事者、介護サービス利用者及び介護家族を支援するとともに、利用者、家族、介護従事者、それらを取り巻く地域社会における支え合いや交流を促進する観点から、高齢者や障害者等に対する介護に関し、国民への啓発を重点的に実施するための日として、11月11日を「介護の日」と決めたとのことです。

ただ、その歴史はまだ浅く、初登場したのは、平成20年であります。

「11月11日」=「介護の日」とした理由については2つあったようです。一つは、平成20年に実施した意見募集(パブリックコメント)での支持が最も多かった、というものです。もう一つは、
「いい日、いい日、毎日、あったか介護ありがとう」を念頭に、「いい日、いい日」にかけた覚えやすく、親しみやすい語呂合わせとした、というものです。

以上でご説明は終わりますが、いざ自分が「介護」を受けようとしたとき、どうすればいいのか。いろいろと大事なことを書くこともありますし、いくつか障壁となるものもあるかもしれません。お困りの際は、どうぞお気軽にお声かけてください。

『東京法務』 〈電話番号〉03-6908-9816
月曜~木曜 10時~18時
土・日・祝日、上記以外の時間帯も、事前予約でご対応いたします。