■ ご挨拶

明けましておめでとうございます。

2016年の「行政書士事務所 東京法務」は、本日が仕事始めです。
本年も、どうぞよろしくお願いいたします。


□ 「東京年男・年女」

さて、2016年ということで、今年は申(さる)年ですね。
そこで、東京法務がある東京都の申年生まれの人、つまり、東京都の年男・年女について少し調べてみました。

東京都が年末に公表した統計によると、2016年1月1日現在における東京都の年男・年女〔申(さる)年生まれ〕の人口は102万人。その内訳はというと、年男が50.2万人、年女が51.8万人で、年女が年男より1.6万人多いのです。

東京都の総人口が1296万人ですので、年男・年女の占める割合は7.9%という計算になります。


■ ランキング

では、なかなか見ることのない統計かと思いますので、東京都における2016年の十二支別人口を見てみましょう(※数値は千人未満を四捨五入)。

 1位 未(ひつじ)114.2万人 8.8%

 2位 丑(うし)  111.9万人 8.6%

 3位 巳(み)   111.9万人 8.6%

 4位 子(ね)   111.4万人 8.6%

 5位 辰(たつ)  110.5万人 8.5%

 6位 亥(い)    110.3万人 8.5%

 7位 寅(とら)   108.5万人 8.4%

 8位 午(うま)   107.7万人 8.3%

 9位 卯(う)    107.5万人 8.3%

10位 戌(いぬ)   102.2万人 7.9%

11位 申(さる)   102.0万人 7.9%

12位 酉(とり)     98.3万人 7.6%

ということで、申(さる)は11位。つまり、下から2番目の少なさです。少ないからといって、どうこうということはありません。2016年、年男・年女の方々のご活躍に期待しております。