9月21日は「世界アルツハイマーデー」です。「世界アルツハイマーデー」は、1994年、国際アルツハイマー病協会(ADI)が①認知症への理解を促進させること②本人や家族への施策の充実を図ることを目的に制定されました。

「アルツハイマー」という言葉から連想される言葉は、「認知症」かと思います。
では、認知症の症状としてよく知られているものは?と訊かれたら・・・
そうです。「もの忘れ」ですよね。

老化に伴うもの忘れは、誰にでも起こりうるものですが、認知症によるもの忘れの場合は、早期にその兆候をみつけ、医師の診断を受けるなど早い対応が大事になることでしょう。このことは、医師や経験した家族なら当たり前に言うことです。

認知症が進めば重症化し、判断能力が益々低下し、様々な行動上・生活上の制約等が生じることでしょう。
その内の一つが、経済生活上の制約やトラブルです。例えば、遺言書の効力です。

認知症が重症化する前に、できれば認知症になる前に、つまり、判断能力の低下に備えて、街の法律専門家と「財産管理契約」・「任意後見契約」を締結する。一つの考え方がここにあります。

あなたが暮らす東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・・・に、この街・新宿区百人町(大久保エリア)に、悩みを解決し、不安を解消するお手伝いのできる場があります。


終活、遺言、後見、死後事務委任、相続の相談・手続きのことは
東京・新宿区百人町(最寄駅・「大久保」駅)の「行政書士事務所 東京法務」までお気軽にお問い合わせください。
03-69089816

[HP]http://kimuratokyo.jp