ホームページでは既にお知らせしましたが(新着情報)、「創業助成金」の申請サポート受付は終了しております。申請したいとのことで、まだ弊所へのお問合せが続いておりますが、「創業助成金」の窓口申請そのものが既に終了しております。

『え~っ、ホントに?』というお声もいただいておりますが、今回募集のあった平成29年度第2回創業助成金は、申請期間がたったの9日間でした。創業期に必要な経費、例えば、広告費はもとより事務所家賃等までカバー。しかも、名称に『創業』という文言が入っているものの、法人登記を行ってから5年未満の法人・個人事業の開業の届出を行ってから5年未満の個人までをもカバーする夢のような助成金です。

とはいえ、こんなに申請期間が短いと、申請期間が始まってからさて検討では、中小企業・個人事業主様側での準備がなかなか間に合わないこともあるでしょう。そこで、次回(※現時点での時期未定)の募集があるまでに、「行政書士事務所 東京法務」オリジナルの「補助金・助成金〉情報&診断サービス」にお申込みされれば、「創業助成金」に限らず、最適な助成金・補助金にありつける可能性がグーンとアップします。

返済不要な補助金・助成金。貴重なタイミングを逃さないためにも、まずは、信頼と実績のある専門家から、有益な情報を得ることから始めるのが最善の道です。


補助金・助成金に強い、東京都新宿区の行政書士事務所『東京法務
までお気軽にお問合せください。
お問合せフォーム