新宿発! 『東京法務』 代表木村のブログ

暮らし(遺言・相続、後見等)の法律相談から起業や店舗・法人運営(補助金、融資、申請・手続き等)のサポートまで・・・ 新宿区・大久保駅からすぐの『東京法務』から、皆様に役立つ情報を、私・代表木村がお届けします。 事務所移転及び改称を機に、「品川法務発! 木村のブログ村」から「新宿発!『東京法務』 代表木村のブログ」へとブログのタイトルが変更となりました。引き続きよろしくお願いいたします。

遺言・相続関連

今日は何の日?


今日は11月22日。何の日でしょうか。
近年、メディアを通じて耳にする機会が増えてきましたので、ご存知の方も多くいらっしゃるかと。
そうです。「いい夫婦の日」です。
少しずつでも、どのうようなセカンドライフを送りたいのかなど、ご夫婦で話し合うことをオススメします。「終活」の第一歩です。
高齢になると、思わぬ病気で運ばれたりすることもあるかもしれません。このようなことがないのが一番ですが、何も決めず、何の準備もしていないと、いざというときに周りの家族は困ってしまい大変ですよね。
とりわけ高齢のご夫婦の方々は、「いい夫婦の日」を機に、肩の力を抜いて、少しずつお話してみては如何でしょうか。

 

いい夫婦の日に・・・


終活、遺言、相続に関するご相談は、新宿駅から1駅!
新宿区百人町(大久保エリア)の行政書士事務所 東京法務まで!

今日・11月22日は「いい夫婦の日」です。
終活、エンディングノート作成、遺言書作成、相続、のこと・・・夫婦でいろいろとお話をする機会にしてみては如何でしょうか。 

夏は「終活」に最適な季節


「終活」は、「点」ではなく、「線」です。
「終活」は、ある時期・ある季節に集中的に行うものではありません。
とはいえ、「終活」に適した季節はあります。 
最も適しているのが夏です。
日本では古くからお盆があります。
近年、廃墓が進み、散骨や樹木葬・海洋葬と葬送のあり方も多様化が進んでいます。
とはいえ、お盆の時期にお墓参りをされる方はまだまだ多くいらっしゃいます。
ご先祖様に想いを馳せたり感謝したり・・・
否が応でも、「死」について、少しは考えるのではないでしょうか。
年齢や病気の有無などにも依るかと思いますが、自分自身の「死」についても。
また、お墓参り以外にも、お盆休みに家族や親戚が集うこともあるでしょう。
核家族化が進む中、なにか大事なことを話すには丁度良い機会といえるでしょう。
そこで、お盆の時期に、「終活」の一環として、「今後」について話すことをおすすめします。
親からでも、子からでも。
なにも、「今後」(死後)について、全て話す必要はありません。
まだそのような機会を持ったことのない方は、少しでも構いません。
これも、立派な「終活」です。人によっては、「終活」のはじめの一歩です。とても前向きです。
確かに、「死」について語ることは、あまり気分のいいものではないかもしれません。
ただ、このことをいつまでも避けていると、困るのは、残される家族や大切な人であり、自分自身かもしれません。
今日はここまでとします。

11月22日 今日は何の日?


今日は何の日でしょうか?
11月22日・・・「いい夫婦の日」です。

さて、体も頭も元気な内にやっておきたいことの一つに、「遺言(書)」の作成があります。財産の多寡に関わらず、これはもはや常識になりつつあります。

そうは言っても、『いきなり何をどのように書けばいいんだい?』『まだ書くには抵抗があるな~』
このようなお声が聞こえてきそうです。
確かに、書くといっても、法律上問題の無い遺言(書)を書くにはどこに気を付ければよいのか、よく分からない方もいらっしゃるかもしれません。あるいは、65歳は過ぎたけれどもまだまだお元気で、元気な内は気がすすまないという方もいらっしゃるかもしれません。

そこで、1つアドバイス!
いきなり遺言書を書くのではなく、まずは、ご夫婦で、今後のことや終活について話し合ってみてはいかがでしょうか。本日・「いい夫婦の日」を機に、夕食をとりながら、お茶やコーヒーを飲みながら。

 

終活・相続とお盆


今日は2018年の盆入り。今日からお盆休みという方も少なくないのではないでしょうか。 

お墓参りや里帰りなどでご家族が2世代・3世代と集まる数少ない機会かと思います。
お時間に少し余裕のある方は、相続について話し合う時間を作るのもよいでしょう。

他方、お時間に余裕のない方や特にご家族で集まらないという方は、遺言や相続を含む終活(エンディング)について、静かに考えてみる時間を作るのもよいでしょう。

祖先を想うお盆の期間は「引き継ぎ」を想像する期間でもあるのです。


終活・遺言・相続のご相談
東京・新宿大久保エリアの
行政書士事務所 東京法務
www.kimuratokyo.jp




QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ